福島南ロータリークラブ

委員会活動計画Company

委員会活動計画

 

会場監督・S A A

督  吉 田 和 義
副会場監督  髙 橋 勇 雄

 会場監督は例会をはじめ、全ての会議が楽しく、秩序正しく運営されるよう、常に心を配り、気品と風紀を守り、会合がその使命を発揮できるよう設営する責務を負っている。
 会長、幹事がスムーズに例会運営ができるよう会場監督、副会場監督、会場監督補佐全員ワンチームで取り組んでまいります。

《活動計画》

  1. 会場監督が例会の進行を担当します(今年度より新たな取り組み)
  2. 例会の秩序ある運営を目指します
    携帯電話等の取り扱い、ロータリーバッジの着用等の例会時のマナーを浸透させます
  3. 例会場の適切な管理と感染症対策を会場側と打ち合わせし、徹底します
    (空調設備、マイク等)
    マスク着用の義務化(感染が治まるまで)
  4. 例会前の時間を有効活用するよう工夫します
    会員の秘蔵写真公開(大切な記念写真等)、会員社のホームページ紹介
  5. お食事の内容は会員の要望を取り入れ、会場側と綿密に打ち合わせします
    アレルギー等の対応にも配慮
  6. テーブル席の配慮
    新会員席を指定して、会話が進むよう配慮します
    (会長のテーブルに同席する事も機会を捉えて実現します)
    会員の要望を聞き取り、思い切った席替えを実施します
  7. 会社の制服での入場を認めます

未来計画委員会

長  林   克 重
副委員長  松 﨑 弘 昭

 3年委員会の最終年度になります。  福島南ロータリークラブの良さを最大化するには、会員相互の友情を育むファイヤーサイドミーティングなどを軸に進めていきたいと思います。
 委員会活動もコロナの影響で変更してきましたが、状況を見ながら内容を充実できるように進めることとします。

  1. ビジョン
    「奉仕の理念」を学び実践することで、『こころ豊かな人生』を目指します
  2. 活動目標
    1. 例  会
      例会が基本です。楽しい中にも学び多き例会、会員参加型の例会を目指します
    2. 奉  仕
      変化する地域や世界のニーズを捉え次世代のために奉仕の実践を行います。
    3. 会員増強
      一人ひとりがクラブの魅力を向上させ、新たな仲間を増やします。
    4. 親  睦
      会員個々の個性を認め友情を育み信頼を醸成する親睦を目指します。
    5. 委員会
      委員会活動が新たな経験や出会いとなることで、クラブの活性化を図ります。

そのために

  1. ファイヤーサイドミーティングを年3回計画し、クラブの未来を語り合う機会を広げる。
  2. 変更になったクラブ定款細則を説明し、会員に理解をしていただく。
  3. 衛星クラブ(若年起業家、シニア向け)の実現に向けて会員の意見をまとめる。
  4. 今後の社会奉仕活動等について国際・社会奉仕委員会と共に検討する。
  5. 80名の会員数で予算の検討を行う。
  6. 数値目標をクリアする。

クラブ管理運営委員会

長  渡 邊 正 義

この度クラブ管理運営委員会の委員長を仰せつかった渡邊正義です。
宜しくお願い致します。
先ず各小委員会のリーダーの名前を申し上げます。

  1. 親睦活動委員会委員長          齋藤弘之様
  2. ロータリー情報教育委員会委員長     廣澤俊樹様
  3. スマイリングボックス委員会委員長    本田光男様
この3名の委員会委員長で一年間運営してゆきますので宜しくお願い致します。

親睦活動委員会
長  齋 藤 弘 之
副委員長  松 山 敏 博

【基本方針】
  安全・安心で『健全な』親睦活動を目指します!
 「会員同士の絆を強固にし、信頼関係を深めること」を基本とし、親睦活動の充実と活性化を図り、奉仕の理念の下に集う会員が当クラブへの帰属意識を高められるよう、有意な親睦活動を行いたいと思います。

【活動計画】

  1. お誕生祝い
    委員会メンバーが輪番で毎月のお誕生祝いの司会・進行を担当。
    (お誕生日プレゼントは、「ギフト券」にしました。)
  2. 新会員歓迎例会 新会員が感じている不安を取り除き、これからの活動の参考としていただく。
    会員スピーチ(9月29日) ①なぜRCに入会しようと思ったのか。
                 ②どのようにしてRCに馴染んでいったか。
                 ③RCに入会したからこそ得られたもの。
  3. 家族親睦例会 [2回]   ①家族クリスマス忘年会(12月22日)
                 ②家族観桜会    (22年4月20日)
  4. 新旧役員歓送迎会     土湯温泉 ホテル山水荘(22年6月22日)

 新型コロナウイルスの収束状況と、ワクチン接種の状況を見ながら活動の内容については、その都度、臨機応変に検討したいと思います。(お酒の提供や、ご家族をお呼びする親睦イベントについても世の中の状況を見ながら、会長幹事、委員会メンバーと相談してその時に合った内容をご案内したいと思います。)
 こんな中でも、明るく楽しい企画を考え、安全安心で健全な親睦活動になるよう努力しますので、会員の皆様、奮ってのご参加と、ご協力のほど、よろしくお願いします。

ロータリー情報教育委員会
長  廣 澤 俊 樹
副委員長  佐久間   功

■基本方針
 会員候補者に会員の特典と責務、会員にはロータリーの歴史、目的、そして活動に関する情報を提供し、全会員がロータリーを理解することに努めます。

■活動内容

  1. 全会員のマイロータリー登録を進めます。
  2. ロータリーを理解する為に新会員に対して情報冊子を提供します。
  3. ロータリーを理解する為に、新会員セミナー及び全会員セミナーを開きます。
  4. ロータリー理解推進月間に、ゲストスピーカーをお呼びし卓話を頂きます。
  5. 地区セミナー等参加者には、例会にて報告をして頂きます。
  6. ロータリーを理解する為に、また合わせてロータリーの友も理解し活用する為に、例会内で毎月一度、「友」を教材にして勉強会を開きます。

この一年、会員の皆様にロータリーをさらに良く理解して頂く為に活動して参りますので、ご協力をお願い致します。

スマイリングボックス委員会
長  本 田 光 男
副委員長  藤 橋 進一郎

 今年度のスマイリングボックス委員会は、例会が39回と少ないですが例年と同じように、担当シフトを組み、会場入り口で、皆様からのスマイルをお預かり致します。
 「嬉しいこと」「楽しいこと」など皆様からの温かなスマイルをお待ちしております。
 今年度は目標を決めませんが、ロータリー活動が、さらに活発化するために、一年間、ご協力よろしくお願い致します。

会員増強委員会

長  鈴 木 光 一
副委員長  菅 野 良 二

クラブを運営するにあたり会員増強は基本となります。
会員の皆様の協力を頂き新会員の確保に努めてまいります。

  1. 新会員入会目標5名の確保に向けて(クラブの若返りと次世代へ繋ぐ)
    女性会員の入会推進
    40歳代の若い方の入会推進
  2. 会員の退会防止
    各委員会と協力し会員への情報発信や懇親を深めてお互いにコミュニケーションをとり退会防止に努めていきます。
  3. ロータリークラブを知って頂くために「ロータリーを知って頂く会」など設けてロータリークラブへ入会したくなるような環境作り。
    (未来計画委員会との連携)

公共イメージ委員会

長  林   克 重

 今年度の地区方針は、「ロータリーをもっと広めよう、もっと奉仕するために」です。
 今年度から組織体制も変わり会報委員会と広報委員会が協力し公共イメージの向上を目指すこととなりました。
 福島南ロータリークラブが会員は元より、多くの皆様から支持をいただけるよう新たな仕組みの構築と運営を効果的に行う1年になることを目指します。

  1. 福島南RCを広く人々に紹介し、活動への理解・支援を促す。
  2. あらゆるメディアを使い情報発信を行う。
  3. 世界、地域の優れた活動と連携する新たな奉仕活動の取り組みを支援する。
  4. ロータリーロゴマークの適正な使用を行う。
  5. ROTARY DAYへ協力する

クラブ会報委員会
長  河 野   忠
副委員長  齋 藤 高 裕

クラブ広報委員会と連携し、当クラブの活動をより多くの人に知ってもらうために、会報作成の省力化を図り、IT利用により情報の拡散を行います。

  1. ホームページの活用とペーパーレス化
     現在までのA3版の紙1ページのスタイルから、ホームページにブログの投稿のようにクラブ会報を掲載します。積極的閲覧を呼びかけペーパーレス化を図っていきます。なお、ご希望の方は従来通りに紙での配布も行います。
  2. 会報作成の効率化
     ブログスタイルの掲載とスピーチ原稿100%提出をお願いすることにより作成の合理化を図ります。
  3. 全員参加の会報作り
    少数の委員会メンバー全員が連携し会報作りに取り組みます。

クラブ広報委員会
長  河 谷   元
副委員長  大 野 順 道

活動計画

 本年度、クラブ広報委員会は組織再編により、クラブ会報委員会とともに公共イメージ委員会の小委員会となり、相互に協力しながら運営する形態となります。その中で広報委員会は、例年通りの広報・PR活動に加え、今年度よりリニューアルするクラブWebサイトや、Facebook等のSNSを利用した情報発信を行ってまいります。
 今年度からの新しい発信方法であり、方法、内容とも未だ手探りの状態ではありますが、閲覧、フォロー、リアクション等、皆様の応援行動が閲覧数等を通じ、成果に直結するようになってまいりますので、ご協力をよろしくお願いいたします。
 また、ロータリーの友の配布、新聞社等への活動取材依頼等も同様に継続してまいります。

奉仕プロジェクト委員会

長  菊 地 和 宏

 今年度より、以下、4 つの委員会(職業奉仕、社会奉仕、国際奉仕、青少年奉仕)が奉仕プロジェクト委員会という括りとなりました。奉仕活動は、ロータリークラブの根幹を成すものであります。今年度、一條会長の運営方針である「ロータリーの理念を学び、実践しよう」というスローガンに基づき、会長方針と各委員会の運営方針を尊重し、評論家から実践家を目指しましょう。今年度は、円滑な委員会活動となるようサポートしてまいります。
 皆様のご協力、宜しくお願い致します。

職業奉仕委員会
長  渡 辺 雅 浩
副委員長  宍 戸 清 和

 今年度の職業奉仕委員会は、ロータリーの奉仕の理念のひとつでもある「自分の儲けを優先するのではなく、自分の職業を通じて社会に貢献するという意図を持って事業を営めば、結果として継続的な事業の発展が得られる」という思考を持って、他人への思いやりを大切に行動して参ります。

【活動計画】
職業奉仕委員会7名のメンバーが持ち回りで担当し、下記の活動を実行する。
 ( 渡辺 雅浩⇒宍戸 清和⇒恵利 紀之⇒木村 昇⇒宍戸 隆司⇒松山 敏博⇒三瓶 弘樹の各会員の順で行う)

  1. 例会にて行う「四つのテスト」の唱和を都度担当する。
    (但し、コロナ禍が収束に向かうまでは黙読にて行う)
  2. 今年度の重点目標である会員スピーチを33回実施する。
    〈 自分の仕事の経緯、事業内容、未来、社員・家庭を幸せにするために、その他趣味なども含めて奉仕の理念を絡めて話していただく〉
     各会員が、年度の前半3回・後半3回を担当して、自身も含めたスピーチの選任を行い、その方に責任を持ってお願いする。
  3. 委員会では、2か月に一度の打ち合わせを行う。(例会前後に活動計画の確認を行う)
    以上です。

社会奉仕委員会
長  海老根   潤
副委員長  紺 野 仁 昭

 今年度は、副委員長に紺野仁昭会員、委員に石坂一也会員・国分秀夫会員・高橋和之会員・高橋実会員で活動して参ります。
 社会奉仕は、私たちの生活の場である地域社会へ献身する絶好の機会です。会員の皆様にもご理解ご協力いただき、活動へ参加をお願いいたします。
 また、コロナ禍による社会環境の変化にも気を配りながら活動をして参ります。

活動計画

  1. 防火パレード参加
  2. 成蹊高校奨学金授与
  3. 杉妻小学校ロータリー文庫寄贈
  4. 花野山児童支援事業

国際奉仕委員会
長  安 斎 常 克
副委員長  丹 治 洋 子

 委員会メンバー 安斎常克 丹治洋子 野地利雄 喜古勝弘 國井 元 渡邉和裕 尾形博幸7名で活動をしていきます。
 ロータリーを通した、国際間の理解と善意と平和を促進するために、福島南ロータリークラブとして、世界平和を達成していこうと活動をしている 国際ロータリー精神に、共鳴をして 人道的支援 教育支援 文化交流等の活動を今年度も行っていきます。しかしながら、世界的な新型コロナウイルスの感染防止対策の状況で、国際的な活動を制限され、自粛ムードを余儀なくされています。
 この様な環境の中で、次の3点を基本項目に活動を計画致します。

  1. 国際文化交流活動
    国際大会 2022年 ロータリー国際大会 in ヒューストン
    (米国 テキサス州)2022年6月4日〜8日 開催予定
    参加の案内と参加促進する活動
  2. 海外の災害への支援活動
    (バギオ基金等の支援活動を委員会内にて協議をして共鳴の声がある海外支援活動の検討を行う。)
  3. ポリオウイルスの根絶への支援活動

会員の皆様の国際奉仕委員会 奉仕活動へのご協力よろしくお願い致します。

青少年奉仕委員会
長  伊 藤 弘 子
副委員長  斎 藤 ミ ヨ

 青少年が、指導力要請活動や社会奉仕・国際奉仕・そして、世界平和となるよう、育成を促して参ります。
 IAC提唱クラブとして、全会員の意識の向上と、青少年奉仕活動について理解を深めてもらうため、積極的にIAC例会・奉仕活動への参加を呼びかけます。

  1. 福島成蹊高校IACへの取り組み
    ◎福島成蹊高校IAC の例会開催(年度内7 回)
      7 月14 日 水曜日 16:40 ~ 17:30
      9 月 1 日 水曜日 16:40 ~ 17:30
      10 月20 日 水曜日 16:40 ~ 17:30
      11 月17 日 水曜日 16:40 ~ 17:30
      12 月 8 日 水曜日 16:40 ~ 17:30
      1 月26 日 水曜日 16:40 ~ 17:30
      6 月 1 日 水曜日 16:40 ~ 17:30

    ◎福島成蹊高校奨学金授与(年度内2 回)
       9 月 8 日 水曜日 第8 回例会
       1 月26 日 水曜日 第23 回例会

     1. 例会を年度内7 回開催を計画して、若きリーダー育成に努める
     2. IAC 例会へ、全会員の出席を促す 特に新入会員や参加経験の無い会員へ呼びかけをする
     3. IAC 卒業生への表彰

  2. 地区行事(連絡協議会・リーダー研修会・台湾の高校生との意見交換会・インターアクトクラブ年次大会・国際理解研修)への参加と報告

 今年度は、ホストの当番はありません。地区行事はコロナ禍の情勢を見ながら、検討中 とのことです。実施が決定すれば、福島成蹊高等学校インターアクトクラブへのホストクラブとして取り組み、活動していく予定です。

ロータリー財団委員会

長  笠   雅 樹
副委員長  小 坂 和 也

 今年度、財団委員会の委員長を仰せつかりました笠雅樹です。
 副委員長は小坂さん、赤間さん、浅倉さん、菅野さん、佐久間さん、鈴木さん、三浦さん8名で運営してまいります。今年度は
使途指定寄付(ポリオ基金)
年次基金
恒久基金
と皆様に頂いた寄付を明確に活動資金に振り分けたいと考えております。
 年度を通して、グローバル補助金を申請できる足掛かりを作っていきたいと思います。
 まだまだ分からないことだらけですが皆様宜しくお願い致します。

米山記念奨学会委員会

長  鈴 木 洋 子
副委員長  鈴 木 惠美子

 米山記念奨学会委員会は、将来母国と日本の懸け橋となって国際社会で活躍する優秀な留学生を奨学することを目的とする民間最大の奨学団体です。年間860人(枠)の奨学生を採用する事業規模、採用数とも日本国内では民間最大です。特色として奨学金による経済的な支援だけでなくロータリー独自の世話クラブとカウンセラー制度による心の通った支援があります。
 今期は、中国出身の福島大学経済学部3年生の“于 秋麗さん”が当クラブを世話クラブとしてご縁がありました。于さんは、ロータリークラブの例会を通して日本の文化、習慣などに触れ社会参加と社会貢献の意識を育て、将来ロータリーの理想とする国際平和の創造と維持に貢献する人となることが期待されます。また、私たちも多くの奨学生と交流し日本文化を伝え、奨学生の故郷の文化を学ぶことでお互いの理解を深め双方の財産となるでしょう。
 当クラブの経験豊富なロータリアンも若い奨学生たちとの触れ合いから刺激を受け、若かりし頃の活気みなぎるエネルギーを再び燃やし夢と希望を情熱的に語り合う時間としたいものです。

《今年度の目標》

  1. 米山記念奨学会委員会について学び例会参加を楽しむ。
  2. 奨学生に例会や行事に積極的に参加していただき会員との交流を深めお互いの文化や習慣などに触れる機会を多く持つ。
  3. 米山記念奨学会委員会の記念旅行に参加し、米山梅吉翁の生涯の功績を共有する。
  4. 奨学金の財源となる寄付金を感謝の気持ちでお預かりする。

 委員会の皆様と目標に向かい頑張ります。会員皆様のご協力をいただき、当クラブに“新たな地平線を発見しよう”ではありませんか?